90%以上の方が未経験でスタート!
1コマ1,100円(税込)~学習塾フランチャイズ:個別指導学院ヒーローズ

個別指導学院ヒーローズ

フランチャイズ
オーナー募集

フランチャイズオーナー募集
0120-053-246

コラム

撹上雅彦氏監修の発達支援事業所をこの春名古屋にオープン!児童指導員の採用や育成にも取り組んでいます

2021年3月10日

株式会社ヒーローズホールディングスでは、これまで「将来活躍できる人材を輩出する」という教育理念のもと、全国250ヶ所で就学児向けの学習塾『個別指導学院Hero's(ヒーローズ)』を展開してきました。

また学習塾だけではなく、地域の子育て応援するため、保育園事業も展開しております。

保育園事業については静岡県浜松市を中心に展開。2022年までに既存と新規OPENを含め計15園で運営する予定です。

そして、保育園事業の中でも新たな試みとして、今年春、名古屋にて発達支援事業所をオープンします!

 

 

・今年春、名古屋に発達支援事業所をオープン!

近年、日本では「発達障害児」が急増しており、発達に不安を持つ保護者からはこうした児童の発達支援サービスが受けられる施設が強く求められるようになりました。

そのような世情を鑑み、「地域の子育てを応援したい」という理念の基、ヒーローズホールディングスでは名古屋に発達支援事業所を開設することにいたしました!

 

新たな試みということで、これまで数々の発達障害児を支援してきた『フォレストキッズ』の撹上雅彦氏に監修を依頼し、顧問として就任していただきました。

 

当施設では撹上雅彦氏監修のもと世界基準の介入教育プログラムを取り入れ、子どもが楽しく遊べる感覚で取り組める課題を用意し子どもの発達支援をしていきます。

「豊かに生きる力の基礎を育てる」という理念のもと、児童指導員(保育士)は一人ひとり丁寧に子どもに関わり、愛着・信頼関係を結びながら成長するしかけを盛り込んでいきます。

なお、発達支援事業所で働く児童指導員(保育士)の先生方には、撹上雅彦氏が顧問を務める名古屋のフォレストキッズ千種教室にて研修期間を終えた後、開設地にて勤務していただく予定です。

 

 

撹上雅彦氏のご紹介

群馬大学教育学部障害児教育専攻出身

特別支援学校教諭・幼稚園教諭・小学校教諭の資格を保持。

生まれてきた子どもが発達障害児であったことをきっかけに放課後等デイサービスを始め、発達障害について学び、理解を深める。

そのなかで一人ひとりの個性に合わせた教育と食生活、早期の介入教育の大切さを実感し、児童発達支援事業所フォレストキッズ千種教室の開所に至る。

名古屋のフォレストキッズ千種教室では世界基準の介入教育を実践し、発達障害に悩む親と子どものサポートに力を入れる。

 

世界基準の介入教育とは

撹上雅彦氏監修のもと、高い水準で支援を行うためにABA(※1)、ESDM(※2)、TEACCH(※3)などの世界基準をみたした教育を行なっていきます。

自閉症を正しく理解し、その特性に配慮した教育・支援を行うことにより、誰でも今より自閉症への適切な支援ができるようになります。

 

 

・先生が働きやすくなければ、安定した運営や支援は実現できない

ヒーローズホールディングスでは保育者(児童指導員)の「働きやすさ」も重要視しています。

労働環境を整えることによって保育者(児童指導員)は安心して仕事ができ、子どもと向き合うことの素晴らしさや、やりがいを感じてもらえると考えます。

施設に通う子どもだけでなく、児童指導員として働く先生たちにも満足のいく人生を歩んでいただきたいのです。

そのような想いから、これまでヒーローズ保育園ではITCシステムの導入・専任事務職員の確保による“基本残業なし”、福利厚生の充実など、可能な限り働きやすい環境を整えてきました。

名古屋開設の発達支援事業所でも同様に児童指導員である先生方の働きやすさ改善に取り組んでいく予定です。

 

現在、ヒーローズホールディングスでは今回ご紹介した名古屋開設の発達支援事業所にて働いていただける児童指導員(保育士)、児童発達支援管理責任者を募集しております。

児発菅の資格所持者、作業療法士、言語聴覚士、臨床心理士等の資格をお持ちの方、また、経験豊富なシニア・40代・50代など経験者様も歓迎いたします。

資格のない方でも社内研修・資格支援で応援いたします!

 

また、保育園についても新規園のオープニング募集が多数あります。

浜松市にて新規開園予定の保育園で、保育士として働きたい方、お待ちしております!

 

募集要項などの詳細は下記ヒーローズ保育園求人採用サイトからご確認ください。

https://recruit.fuerubo.com/heros-ks-test/top

 

 

※1 応用行動分析(ABA)
ABAとはApplied Behavior Analysisの略で応用行動分析といい、療育や教育の場面はもちろん、医療・リハビリテーション、スポーツ、企業経営など幅広く活用されている心理学です。とくに自閉症スペクトラムのお子さんにとっては最も有効な方法であると実証されており、欧米では数え切れない学術報告が提出されています。

※2 ESDM
ESDMとはEarly Start Denver Modelの略で、ABAを基本としており1~3歳の自閉スペクトラム症の幼児用に開発された指導法です。海外ではこのESDMの有効性が確認されており、現在世界で最も広く知られているASDの超早期療育法と言われています。

※3 TEACCHプログラム
TEACCHとは、Treatment and Education of Autistic and related Communication handicapped Childrenの略で、自閉症及びそれに準ずるコミュニケーション障害を抱える子ども向けのケアと教育、またそのご家族を対象にした包括的なプログラムのことを指します。アメリカ・ノースカロライナ州立大学を基盤に実践されている生涯支援プログラムです。

 

 

Copyright (c) hero's, All rights reserved.