90%以上の方が未経験でスタート!
1コマ1000円~学習塾フランチャイズ:個別指導学院ヒーローズ

個別指導学院ヒーローズ

フランチャイズ
オーナー募集

フランチャイズオーナー募集
0120-053-246

コラム

個別指導の塾を開業したい!未経験者におすすめの開業スタイルは?

2021年2月15日

「個別指導の塾を開業したい!」と思っても未経験からの起業は何かと不安ですよね。

また、開業スタイルも「個人塾」にするのか「FCフランチャイズ」に加入するのかを迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では

1.個別指導の塾開業が未経験の人におすすめの開業スタイル

2:未経験者が選ぶべき個別指導塾FCフランチャイズ

についてお伝えしたいと思います。


未経験者にピッタリの塾開業スタイルを知りたい方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

1.個別指導の塾開業が未経験の人におすすめは?

・個人塾vs個別指導塾FCフランチャイズ

個別指導塾を始める場合、開業スタイルとしては自分でビジネスを展開する「個人塾」とロイヤリティを支払う代わりにノウハウを教えてもらう「個別指導塾FCフランチャイズ」があります。

以前の記事「フランチャイズで塾開業!それとも個人塾?それぞれのメリットは?」でもご紹介した通り、どちらの開業スタイルも魅力的なメリットがそれぞれにあるため選択に迷うかもしれません。

ですが、塾開業「未経験者」には断然「個別指導塾FCフランチャイズ」がおすすめです。

なぜなら、未経験者が実際に塾を開業した後に必ずと言っていいほど直面する「ある悩み」を「個別指導塾FCフランチャイズ」であれば解決しやすいからです。

 

・個別指導塾FCフランチャイズがおすすめの理由

まず、塾経営者の最大の悩みは「集客がうまくいかない」ことです。

特に「個人」で塾を開業する場合、過去の実績がなく更に講師の質も伝わりにくいため、最初は生徒が集まらずかなり苦しい状況になる可能性があります。

そのため非常に慎重な事業計画と資金計画が不可欠になりますが、起業が未経験者の人にとって綿密で現実的なビジネスプランを練ることはとてもハードルが高いと言えるでしょう。

さらに、中小企業庁の中小企業白書によると、会社・個人事業主は創業から5年の生存率は82%です。つまり、5年後には10人中2人が廃業しているという現実があります。
引用:中小企業庁 中小企業白書「起業後の企業生存率」」(p19)

そして、中小企業庁サイトの「倒産の状況」データを参照すると、この廃業の1番の理由は「販売不振」となっています。要するに「資金不足」に陥ることで廃業・倒産しているのです。

塾での主な「資金」は生徒からの「月謝」になりますが、もし生徒が集まらなければ月謝は見込めません。つまり、販売不振(生後が集まらない)から資金不足(月謝が見込めない)となり、残念ながら廃業に追い込まれるという図式が成り立ってしまうのです。

 

逆に「個別指導塾FCフランチャイズ」であれば、すでに塾の「知名度」が高いため、塾開業後の最大難関とも言える「生徒募集」がしやすいでしょう。

もちろん生徒が集まっただけではビジネスを存続できるとは言えませんが、「個別指導塾FCフランチャイズ」であれば集客だけでなく経営ノウハウや指導方法も教えてもらえるため、未経験でも最初から利益を上げていくことが可能で廃業のリスクも回避しやすいと言えます。

 

もし既に塾経営の経験を持っていて塾を開業する地域で名が知られているのであれば、「個人の名前」で看板を掲げても集客にはおそらく困らないでしょう。

ですが、初めて個別指導塾を開業するのであれば「個別指導塾FCフランチャイズ」のネームバリューを使うことで、多くの塾オーナーが頭をかかえる「集客」がかなりしやすくなることは間違いありません。

そのため、塾開業「未経験者」には「FCフランチャイズ」がおすすめと言えます。

 

2:未経験者が選ぶべき個別指導塾FCフランチャイズとは?

では、未経験者はどんな個別指導塾FCフランチャイズを選ぶべきなのでしょうか。

見極めるポイントは3つあります。

 

【ポイント1】経営に関する研修が充実している

個別指導塾開業の未経験者にとって、個別指導塾FCフランチャイズ本部が「経営支援」をどこまでしてくれるかによって、事業が成功するか失敗に終わるかが決まると言っても過言ではないでしょう。

そのため「研修が充実しているか」どうかは必ずチェックしたい重要ポイントになります。

具体的には「定期的な勉強会がある」「オーナー同士の交流がある」など、未経験の塾経営者に優しいサポートがあるかどうかを見ておくといいでしょう。

特にオーナー同士の交流は、先輩オーナーが、オーナーならではの悩みや問題をリアルに解決してきているので、非常に参考になり、頼りになります。

個別指導塾FCフランチャイズに加入して塾をオープンしたら終わりではなく、継続的な支援がある個別指導塾FCフランチャイズに加盟したいものです。

また「未経験でスタートした加盟者」が実際に何%位いるのかも確認しておくと安心です。なぜなら「未経験での加盟者」が多いということは、それだけ経験がなくてもスタートしやすいサポートがあると判断できるからです。

 

【ポイント2】広告支援がある

 前述のとおり事業の生存率に大きく関わる「集客」ですが、個別指導塾の開業が未経験の場合、どのように生徒集めをしたらいいのか検討がつかないという方も多いでしょう。

そのため、集客サポートがある個別指導塾FCフランチャイズを選ぶのがおすすめです。

例えば、魅力ある「チラシ作成」や「インターネット集客」などの広告支援が充実しているかどうかをチェックするといいでしょう。

生徒をどれだけ集めることができるかが成功への大きな鍵となります。

 

【ポイント3】講師募集のサポートがある

個別指導塾の開業当初であればオーナー自身が授業を担当することも可能ですが、経営の規模が大きくなるに連れてやはりアルバイト講師の雇用が不可欠になります。個別指導ではとくに生徒に対して適性な数の講師を雇わないといけません。

アルバイト講師とは言え「優秀」な講師が集まらなければ、安定的に塾を運営していくことは難しいでしょう。

ですが、求人募集は時間も労力もかかるため、個別指導塾FCフランチャイズ本部の支援は必ずチェックしておきたいポイントです。

特に個別指導塾の開業が未経験である場合、どんな先生を募集するべきか、どんな先生だと塾に貢献してくれるかの判断も難しいでしょう。そのため、講師募集のサポートを個別指導塾FCフランチャイズ本部「主体」でやってくれるかどうかも重要になります。

 

今回は、個別指導塾の開業が未経験の方におすすめの開業スタイルと、未経験者が選ぶべき個別指導塾FCフランチャイズの見極めポイントを3つご紹介しました。

「未経験だけど、個別指導塾を開業したい!」という方の参考になれば幸いです。

 

Copyright (c) hero's, All rights reserved.