90%以上の方が未経験でスタート!
1コマ1,100円(税込)~学習塾フランチャイズ:個別指導学院ヒーローズ

個別指導学院ヒーローズ

フランチャイズ
オーナー募集

フランチャイズオーナー募集
0120-053-246

コラム

塾開業の立地探しで大切な5つのポイント!失敗しないために押さえるべきこととは?

2022年5月30日

塾を開業するにあたり、立地選びはとても重要になります。

しかし、どんな場所で開業するべきか分からず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、塾の立地選びに欠かせないポイントについてご紹介します。
立地選びで失敗したくない方はぜひご参考にしてみてください。

目次

・塾開業の立地探し5つの重要ポイントとは?
・立地選びに失敗しないためにするべきこと
・立地選びに迷ったら

 

塾開業の立地探し5つの重要ポイントとは?

塾開業の立地探しを行う際に考慮すべき重要ポイントは5つあります。

 

  • 子どもの数

当然ですが、子どもの少ない地域では学習塾の需要は低いと考えられます。
そのため、立地を決める前に必ず子どもの数をリサーチしてから塾の開業をするべきです。

具体的には、近くにどれくらいの学校があり、何名くらいの生徒が通っているのかをチェックするといいでしょう。
一方で、すぐ近くに学校がないとしても、子育て世代が多く済む住宅地であればそれなりの集客も望めるため、念入りなリサーチが必須といえます。

たとえば、総務省が開示している国勢調査の統計データでは、全国の市(区)ごとにおける人口や世帯収入をチェックすることができます。
これらのデータを参考に住民のライフスタイルを分析して市場調査に活用するといいでしょう。

 

  • 安い家賃

長期的に塾を運営するために、安い家賃は大切なポイントです。
家賃は毎月必ず発生する固定経費となるため、しっかり比較検討しましょう。
ランニングコストをなるべく押さえることができれば安定した経営が見込めます。

 

  • 同業他社の数

塾の立地を決める前に、必ずその地域にある同業他社の数を確認しましょう。
同業者の数は調査会社に依頼することも可能ですが、自分でもネットを使えば簡単に調べることができます。
Googleマップなど地図アプリを開き、「地域名 塾」で検索すればその地域周辺の塾が表示されます。この表示された数が多ければ多いほど、同業他社が多いといえます。

ただし、同業他社の数がすくない地域だから集客が見込めると安易に考えることも危険です。
塾がないということは、そもそも子どもがいない地域である場合も考えられます。
したがって、上記の1で解説したように該当の地域にターゲットとなる子どもの数がどれくらいいるのかは必ず調べておきましょう。

 

  • 子どもの徒歩圏内

公共の交通機関が発達していない地域では、保護者による送迎が必須になるでしょう。
また、低学年の子どもの場合は、安全面を考えて長い距離をひとりで歩かせたくないと考える保護者も多いといえます。

しかし、毎回の塾への送迎は保護者にとって大きな負担になる場合もあり、できれば学校から自宅までの間にある塾や子どもが自分で歩いてすぐに着く塾に行かせたいと考える保護者もいるでしょう。
したがって、子どもの学校からの徒歩圏内となる場所を選ぶことも立地探しでは大事なポイントになります。
つまり、子どもが無理なく通える立地で塾を開業することで、生徒を確保しやすくなるといえるでしょう。

  • 車の通行量

子どもが塾まで通う道で、車の交通量が多いとそれだけ事故に遭う確率が高くなるといえます。
特に、小学校低学年の子どもをひとりで歩かせることに対して保護者の心配も大きくなり、通わせることにためらいがでるともいえます。
そのため、塾開業の立地として車が頻繁に通る場所は避けるほうがいいでしょう。



立地選びに失敗しないためにするべきこと

前述のとおり、塾開業を成功させるためには立地選びはとても重要になります。
ここからは、失敗しない立地選びのために欠かせないポイントを2つご紹介します。

  • ターゲットを明確にする

塾を開業する際、「対象はどの層の生徒にするのか」をしっかり絞ることがとても大切になります。
ターゲットが広いほうが多くの生徒に来てもらえそうな感じがするかもしれませんが、実際は専門性のない印象を与えてしまい集客しにくいといえます。
そのため、「中学受験に対応」や「個別指導」など専門性があったほうが成功しやすいでしょう。
つまり、ターゲットの専門性を明確に打ち出していくことが重要ポイントとなります。
このようにターゲットを絞り込むことで、塾開業の立地も選びやすくなりますし、ターゲットにとって通いやすい場所を選ぶことで、より多くの集客が見込めるようになるでしょう。

 

  • 実際に候補地に行ってみる

いくつかの立候補地を絞り込んだら、必ず実際にその候補地に行き自分の目で確認しましょう。
チェックするポイントとしては、物件の広さや設備、駐車場、周辺の雰囲気、外見などがあります。
これらは実際に見てみないと分からないことも多いので必ず確認しましょう。
周囲の雰囲気や外見などは、確認する時間帯や曜日によって雰囲気が異なることもあります。
そのため、可能な限り何度も足を運ぶようにするといいでしょう。
特に、生徒が塾に来る時間帯の放課後から夜にかけての時間帯にチェックすることが大切です。
なぜなら、周辺の安全面も確認できるからです。
様々な時間帯に物件を見ることで、書類上の物件情報だけでは気が付かなかった点が明確になることがよくあります。

 

立地選びに迷ったら

塾開業の立地によって、売上や集客に違いが出るため、立地探しはとても重要といえます。
しかし、上記でご紹介したとおり、良い立地を見つけるために確認すべき事項は多くあり、実際にその立地で大丈夫だろうかと不安になる方も多いのではないでしょうか。

もし立地選びに迷った場合、フランチャイズを利用するという手もあります。
フランチャイズであれば、競合他社との差別化も図りやすく、またどの地域であればより集客が見込めるかなど的確なアドバイスをもらうことができます。

個別指導で定評のあるHero’s(ヒーローズ)では、立地についてフランチャイズ本部が事前調査をして、詳細な市場調査の結果レポートを作成しています。
地域や競合の状況によって立地だけでなくスペースやレイアウトも含めて相談に乗ります。

詳しくは⇒「よくある質問:立地はどんなところがよいですか?

このような手厚いサポートは、塾開業が初めてという方にとても人気となっています。

今回は、塾開業の立地探しで大切な5つのポイントをご紹介しました。

立地によって生徒の数が決まるといっても過言ではありません。前述の「失敗しないために押さえるべきこと」も参考に、ぜひ生徒が集まる立地を見つけてみてください。

Copyright (c) hero's, All rights reserved.