90%以上の方が未経験でスタート!
1コマ1,100円(税込)~学習塾フランチャイズ:個別指導学院ヒーローズ

個別指導学院ヒーローズ

フランチャイズ
オーナー募集

フランチャイズオーナー募集
0120-053-246

コラム

一人で開業できる仕事とは? 成功する選び方とおすすめをご紹介!

2022年4月21日

「一人で開業したいけど、どんな仕事があるのか分からない」
「初めての開業で不安」

そんなお悩みをお持ちの方のために、今回は「一人で開業できる仕事」について詳しくご説明します。
また、初めての開業でも成功できる仕事の選び方とおすすめもご紹介します。
一人での独立開業で失敗したくない方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

目次:
・一人で開業できる仕事とは?
・一人で開業したい!成功する仕事の選び方
・一人で開業できる仕事のおすすめは?

 

一人で開業できる仕事とは?

一人で開業できる仕事には様々な形式がありますが、大きく分けると「業務請負」「個人ビジネス」「店舗開業」の3つになります。

 

1.業務請負

企業から仕事を受注して納品する仕事です。
通常、一人(個人)で業務請負をする場合、フリーランスと呼ばれます。

職業例としては、プログラマーやシステムエンジニアなどのITエンジニア、Webライター、イラストレーター、動画編集者などがあります。

業務請負のメリットは、自分の得意分野を活かした仕事ができる、仕事内容や時間を自分で決められる、成果によって収入アップが見込める、などがあります。
デメリットとしては、厚生年金や健康保険に加入できない、労働基準法は適用外である、成果を上げられなければ報酬はない、収入が不安定、などがあげられます。

 

2.個人ビジネス

一人(個人)でビジネスを展開する仕事です。
業務請負との違いは、他の企業から仕事をもらうのではなく直接お客様と取引をする形になります。

たとえば、ビジネスコンサルタント、店舗を持ない出張美容師、ハントメイド作家、ネットショップ運営者、などがあります。

個人ビジネスのメリットは、スキルさえあればすぐに始められる、店舗を持たないため初期投資が少なくて済む、働ける年齢に制限がない、などがあります。
デメリットは、社会的な信用度にかける、仕事がすぐに入らず収入が不安定、社会保険料など自分で負担する必要がある、などがあげられます。

 

3.店舗開業

一人(個人)で店舗を構えて開業する形です。
自分で全て準備をする方法とフランチャイズ契約を結ぶ方法があります。
業種例としては、飲食店、小売店、美容院などのサロン、学習塾、ハウスクリーニング、などがあります。

店舗開業のメリットは、社会的信用が得やすい、認知されやすい、十分な設備でビジネスができる、などがあります。
デメリットとしては、初期費用がかかる、毎月の固定費が必要、店舗の形態を変更したくてもすぐにはできない、などがあげられます。

独立開業の初心者がいきなり店舗を持つにはかなりハードルが高いため、個人ビジネスの仕事から始めて事業が軌道に乗ってから店舗を持ったり、プロのサポートが受けられるフランチャイズを利用したりするほうが安心といえるでしょう。

フランチャイズであれば、本部のノウハウを活用でき、さらに運営や経営に関連する指導も受けられるため未経験者でも参入がしやすいといえます。
また、一人では費用的にも難しい販促もフランチャイズ本部の助けがあると実現しやすいでしょう。
そのため、初心者でも集客ができて成功しやすいといえます。

 

一人で開業したい!成功する仕事の選び方

一人で開業できる仕事の選び方には、成功するためのポイントが3つあります。

1.事前のリサーチを十分に行う

実際に開業するまでのリサーチ段階で開業準備の業務はほぼ終わっていると言われるほど、事前リサーチはとても重要です。言い換えると、リサーチが不十分なままの見切り発車はとても危険といえるでしょう。

リサーチのポイントとしては、一人で開業できる仕事をするために必要な資金、ランニングコスト、変動費や固定費、顧客層、などです。
これらを吟味した上で自分にあった仕事を選ぶと失敗も少なく安心です。

 

2.競合のリサーチをする

自分が始めようとしている仕事の競合相手についても念入りに調べておきましょう。
業務請負であれば、同業者の請負内容や価格帯をリサーチする、店舗を構える場合であれば、出店するエリアでの競合店についてリサーチするなどが必須です。

この時、もし競合店が多いエリアだったとしても差別化をはかることで参入は十分可能になりますので、時間をかけてじっくり調べるようにしましょう。

 

3.資料請求など情報収集をする

店舗開業をする場合で、もし興味のあるフランチャイズがあれば必ず資料請求を行いましょう。
会社のホームページをチェックしたり、他店舗を訪れてみたりすることも大切です。

さらに説明会にも参加をして担当者と直接話をするといいでしょう。
自分ひとりで調べるだけではなかなか得ることのできない有益な情報をたくさんもらえるはずです。

 

一人で開業できる仕事のおすすめは?

一人で開業できる仕事には様々な形式がありますが、前述のとおり、独立開業が始めての方にはフランチャイズがおすすめです。

すでに成功している仕事のノウハウを教えてもらえるため、初心者でも成功しやすい形がフランチャイズといえます。
ここからは、一人で開業できる仕事でおすすめのフランチャイズを3つご紹介します。

 

1.買い取りビジネス

商品を顧客から買い取るビジネスです。
ブランド品、宝飾品、金券、時計、化粧品、切手、など小さくて高価なものを取り扱う場合が多く、買い取りだけ行う「買取専門店」と、店頭販売も行う「買取店」の2つがあります。

フランチャイズであれば、本部が決めた基準で査定するため買取りの専門的な知識がなくても心配いりません。
また、「買取専門店」であれば小さなスペースでの営業が可能なため、店舗代など毎月の固定費を低くおさえることが可能となります。また、基本的な接客は商品の査定のみとなるため、一人での開業が可能です。

 

2.ハウスクリーニング

清掃サービスを専門とするビジネスです。
仕事や子育て、高齢などで部屋の掃除ができない方のお手伝いになります。
たとえば、床、キッチン・お風呂・トイレなのでの水回り、エアコン、などの掃除を行います。
フランチャイズ本部による研修が行われるため、掃除に自信がない方もプロの仕上がりが可能となるでしょう。
また、無店舗経営でスタートすることもできるため、一人で低資金の開業が実現できます。

 

3.学習塾

学生に勉強を教えるビジネスです。
進学のための学習や試験対策などを行います。
主な対象は中高生になりますが、小学生や幼稚園児対象の学習塾もあります。
フランチャイズ塾の場合、ブランド力が高いため保護者や生徒からの信頼を得やすいといえます。
また、指導ノウハウや経営サポートが受けられるため、学習指導の経験がない人でも始めやすいといえるでしょう。

フランチャイズ塾の指導スタイルには、個別学習塾と集団学習塾があります。
個別学習塾は3名以下など少人数の生徒を一人の講師で指導する形で、集団学習塾は4名以上など大勢の生徒を一人の講師が指導します。

個別指導塾で定評のあるHero’s(ヒーローズ)では、オーナー同士のつながりが得られる点が魅力です。
定期勉強会や先輩オーナーの経験談を聞けるチャンスもあり、はじめて一人で開業する方にも人気です。

詳しくはこちらからチェックできます。

⇒先輩オーナー紹介


今回は、自分ひとりで開業したいとお考えの方のために、一人で開業できる仕事についてご紹介しました。また、本文でご紹介した一人での開業が初めてでも成功できる「仕事の選び方やおすすめ」もぜひご参考にしてみてください。

 

 

 

Copyright (c) hero's, All rights reserved.